便秘改善方法ランキング

普通に生活していても、またダイエットなどを行っている場合などには食べる量が少なくなりますので、便秘になることも多いです。

また食生活が乱れたりすると、腸内環境が悪くなって、おならが出たりげっぷが出たりと体内にガスや老廃物がたまっているような時もあります。

便秘になって何日も出ないというようなときもあるでしょう。そんな便秘を改善するにはどんな方法を取るといいのでしょうか。ご紹介していきましょう。

 

第10位 便秘薬で排便する

何日も詰まっていて出ないという場合はすぐに出してしまいたいと思う場合には、下剤などの薬を使うのもいいでしょう。長い間、腸にため込まれている便は、水分がなくなって硬くなっています。そうなると便は大腸の中にとどまって、便秘はますますひどくなります。そういった場合は、なんとか出してしまう方法として、下剤は有効です。下剤の種類にもいろいろありますので、あまりお腹の痛くならないものを選ぶなどの工夫が必要でしょう。ただ、便秘薬の場合は、使い続けると体が薬に順応して、自然に出なくなってしまう危険性もあります。下剤を使う場合にはあくまでも、緊急的なものによるので、薬を常用することのないように気を付けましょう。アントラキノン系の便秘薬を常用すると大腸が赤黒く変色するなどの変化がみられる場合もあるので注意が必要です。便秘薬は本当に出ないときの最終手段といった感じで使うといいでしょう。

 

第9位 浣腸やウォシュレットで刺激を与える

 

便をすぐ出す方法には浣腸を使うという方法があります。飲み薬に比べて効いてくる時間も早く、数分程度我慢をしてグリセリンを浸透させて排便を行うと入り口の硬くなった便などもスムーズに排便されます。便が硬くなっていて出づらいといった場合には、浣腸を使うのもいいでしょう。しかし、浣腸も飲み薬と同じように、

使い続けると浣腸なしでは出ないといったことにもつながりますので、1週間でないなど緊急を要するときにとどめておいた方がいいでしょう。また、各家庭にあるウォシュレットで肛門を刺激するという方法もあります。普段はお尻を洗浄するために用いているウォシュレットですが、便秘の赤ちゃんに綿棒などで刺激する感じで、ウォシュレットで刺激を与えることにより、便意が促されることになります。しかし、使い続けていると、ウォシュレットがないと排便できないといったことになってしまう恐れがありますので、ウォシュレットは補助的に使用するといいでしょう。

 

第8位 朝一番に水分補給を行う

水分が不足すると便秘になりやすくなります。一日に必要と言われている水分量は1.5~2Lと言われていますので、これらの水分量がきちんととれていれば便秘にもなりにくいです。ダイエットの時なども水分を1.5~2L飲むといいと言われていますが、痩せるという意味だけでなく、代謝を良くするために飲むといいということなのでしょう。起きた直後の空っぽの胃に水が入ることで、胃腸への刺激となり胃腸が動くきっかけになります。朝なので朝食時にお茶やコーヒーを飲むこともあるかもしれませんが、カフェインやポリフェノールには、利尿作用などもありますので、できれば常温の水をコップ一杯起き掛けに飲むようにするといいでしょう。便意が来たら我慢をせずに、トイレに入れる状態になっているといいでしょう。

 

第7位 便秘に効くお茶を飲む

ビタミンやミネラル、水溶性食物繊維など、便秘改善に良いという成分を多く含んでいるお茶があります。お茶の濃さを調節し飲むことができるのでいいでしょう。便秘に効果的なお茶には、下剤成分であるセンノシドが含まれているお茶と含まれていないお茶があります。便秘の具合によってお茶の種類を選ぶといいでしょう。食物繊維配合で下剤成分が含まれていないお茶は定期的飲めます。しかし、下剤成分が含まれているお茶の場合には、下剤成分の配合量は下剤に比べると少ないですが、腹痛や下痢を起こす可能性もあるので、定期的に飲むというのは控えた方がいいでしょう。ゴボウ茶などの食物繊維を多く含むお茶などが販売されています。便秘に効くという効果で売っているお茶の中には下剤成分が含まれているものも多いですので、使用する際にはきちんと成分を確認してから購入することが必要になります。

 

第6位 オイルを摂取する

料理やドレッシングなどに使っているオイル類にも便秘改善の効果が期待できます。オイルに含まれている脂肪酸が腸を刺激することで、排便時にするんと出るような潤滑油として働くことが分かっています。便秘によいとされているオイルにはオリーブオイルがあります。消化吸収されにくいオレイン酸を多く含んでおり、しっかりと腸まで届くことで腸の蠕動運動を促します。一日に15~30mlを目安に取るといいでしょう。ただ、オイルを取る場合には気になるのはそのカロリーです。大匙1杯、15gには135kcalのカロリーが含まれていますので、毎日とるとなるとダイエット中などはカロリーなどが気になるかもしれません。ココナッツオイルは腸内環境を整え、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌減らす作用を持つラウリン酸を多く含みますので、美容の為にココナッツオイルを取る女性なども多いです。ひまわりオイルにはオリーブオイルよりも豊富なオレイン酸が配合されています。熱にも強いので揚げ物にも使える油です。

 

第5位 食事内容を管理する

便秘改善に良いとされている食物には食物繊維や発酵食品などがあります。野菜類や納豆、キムチ、などの食材を選ぶといいでしょう。植物に含まれる食物繊維や善玉菌を増やしてくれる乳酸菌は、腸内環境を整えてくれますので、不溶性食物繊維であれば、大豆や野菜類、穀物類やイモ類などを取りましょう。水溶性の食物繊維はキノコや果物や寒天やわかめなどの海藻類もいいでしょう。乳製品では、ヨーグルトや牛乳などが効果的です。牛乳を飲むとお腹が緩くなるという人もいます。ヨーグルトには乳酸菌が含まれていますので、腸内環境を整えてくれます。バナナやりんごには善玉菌の餌になるオリゴ糖が豊富に含まれていますので、あわせて取ると腸内環境にはより効果的です。また、便秘になりやすい食品を避けるというのもいいでしょう。タンニンという物質を含む柿やワイン、コーヒー、糖分が多いケーキやチョコレート、冷たいアイス、消化に時間のかかる肉や生魚などはさけましょう。タンニンや糖分は腸の活動を鈍くさせる作用がありますし、消化に時間のかかる肉や生魚は腸内に長く残ることで腐敗して腸内環境のバランスが崩れます。肉食中心の食生活であれば、野菜中心の食生活に変えるなどの工夫が必要になってきます。便秘の場合にはお肉を食べる量を減らしてみましょう。

 

第4位 つま先立ちをする

つま先立ちが便秘に改善に役に立ちます。つま先立ちをすると、ふくらはぎが縮んで血行を促進します。腹筋やお尻の筋肉を使うので、筋肉が強化されます。排便に使う筋肉も刺激されることから排便へとつながります。つま先立ちをすることで、適度な運動にもなり、基礎代謝の向上にも効果を発揮します。つま先立ちをする場合には、裸足でつま先立ちをして5分間程度キープしましょう。つかまり立ちの場合でも効果はあります。最初は5分間つま先立ちをするのは厳しいので、短い時間から始めても効果的です。決まった時間をつま先立ちに取るのは面倒である場合もあるので、軽く運動するくらいのつもりで、つま先立ちを行うと筋肉が鍛えられて、排便がスムーズに行われるでしょう。運動不足解消のためにもつま先立ちを行うといいでしょう。

 

第3位 うつ伏せゴロゴロ運動

うつ伏せになって、床に寝そべってごろごろ転がることでも便秘に効果を発揮します。床を転がることで、腸全体に刺激を与えることができるので、マッサージを行っているような効果が期待できます。うつぶせ寝になってそのまま10分程度右に左に5~10回ほどゴロゴロと転がりましょう。下が硬いと痛いですので、畳やカーペット、布団の上で行うといい運動です。それでも出ないほどの便秘のときもありますので、そのときには別の方法を取るのもいいでしょう。体をひねることや、お腹をぐるぐるとマッサージして外的刺激により、便が出るように刺激するのもいいでしょう。うつぶせでゴロゴロをするとお腹の中に溜まっていたガスをうまく外に発散させるのにも役立ちます。腸内にたまったガスが、腸の活動を衰えさせて便秘を悪化させるということが分かっていますので、ゴロゴロ体操によって、たまったガスを放出すれば、腸内の環境が良くなって、正常腸が働くようになるということも考えられます。

 

第2位 のの字にお腹をマッサージ

腸に便がたまる一つの原因は腸の動きが鈍くなっていることがあります。お腹周りのマッサージをすることで、動きの悪い腸に直接的に刺激を与えて、本来の自然な腸の動きを促すことが可能です。同時に、腹部の血行も良くなることで、腸が元気になります。手のひらでおへその周りに「の」の字を描くように円運動でお腹をさすります。お腹を温めて、血行が良くなることで、腸の活動を促すことができます。お腹を軽く抑えながら腸の部分に硬い部分があれば、そこに便が詰まっていることになりますので、念入りにもみほぐすといいでしょう。硬いなと思う部分をぐっと抑えましょう。おへそやおへその下を抑えるのもいいでしょう。大腸がある部分をぐるっとマッサージすることでも腸内を刺激されます。また、S字結腸という大腸の最終部分と肛門をつなぐ部分をマッサージして、滞っている便を動かすことも可能です。仰向けになって、両膝を立てて、腰の下に薄目のクッションを置きます。左腹部に左手の指をあてて、右手は左手に軽く添えます。あてた手を腹部左から下腹部にゆっくりを下ろしましょう。その間20回程度はお腹を押しながら動かしましょう。硬い感覚があれば、痛くない程度に指で押さえて左右にゆらゆらゆらしましょう。手が足の付け根まで届いたらワンセットです。

 

第1位 酵素サプリによって快適に出す

腸内環境を整えるためには、運動を行うことや、食生活を改善するなどの工夫が必要になりますが、酵素サプリメントを補って腸内環境を整えて、排便しやすい環境に整えることもいいでしょう。酵素サプリには、乳酸菌が含まれているものや酵素の効果でしっかりと消化と代謝をサポートして、毒素を排出しやすい体の状態にしてくれる効果が期待できます。酵素を補うことで、今まで酵素不足で消化できなかったものや代謝しきれなかったものがスムーズに消化や代謝が行われるようになります。排便も代謝の一環になりますので、毎日辛い思いをしなくても快適なお通じが得られる可能性が高いです。酵素サプリメントは下剤とも違いますので、飲んで癖になるというものでもないですし、継続的に使用することで、体の中の作用で自然な便意が来るようになりますので、体調が整っていきます。酵素サプリを使ったことで、体調が良くなったという人も多いですし、便通が来るようになったという意見が圧倒的に多いです。サプリメントを使えば、癖になることなく、排便が自然に来るようになり、今まで薬に頼っていた場合にも、スムーズに出ることも期待できます。

◎そんな酵素サプリの中でも、こうじ酵素はおすすめ!

便秘にも効果がある酵素サプリメントですが、そんな中でもおすすめなのはこうじ酵素です。

7種類のビタミンやミネラルが豊富な穀物を発酵させて作ったこうじ酵素です。

発酵させる過程で、水分を自然に抜けていくように設計されており、こうじ酵素を一時的に休眠状態にしています。そして、こうじ酵素を飲むときに体内で水分が加わり、一番酵素が活動しやすい環境で、効果を発揮することが可能となっています。酵素活性も従来のこうじ酵素の150倍という結果が出ており、こうじ酵素を飲むことで、日々の忙しい毎日をサポートしてくれるでしょう。

巡りが悪く便秘がちだった体もスムーズに排泄が行われるようになり、便秘で悩んでいた場合でも、便秘が解消される可能性が高まります。下剤とは違いますので、即効性はないかもしれませんが、飲み続けることで体の中から変わっていき、スムーズな排泄が行われるようになるでしょう。酵素の力をいちどお試しください。